グリル開発ストーリー①



「都会の狭い戸建ての庭やベランダでもバーベキューがしたい」
その思いから生まれたのが無煙バーベキューグリル「ロウリュ」です。

今回から「グリル開発ストーリー」を全5回に渡って紹介したいと思います。

開発のきっかけは日本家屋の「囲炉裏」にあります。

火を囲み、みんなで過ごす。囲炉裏で味わったゆっくりとした時間を都会でも味わいたいと思いました。



このアイディアを思いついたのは2018年のことです。
販売開始は2020年ですので、着想から販売までには約2年の歳月がかかりました。

アイディアを形にするにあたり、まずは自分自身で図面を書きました。
そしてその図面を基に厚紙で模型を作成し、日本全国の金属加工工場に数十社アプローチしました。

幾度となく門前払いを受けましたが、そんな中でも遂に協力してくれる会社が見つかり、記念すべき無煙バーベキューグリル「ロウリュ」の初号機を作ることが出来たのでした。

グリル開発ストーリ-②に続く